カルロス・ゴーン「今の日産は、私が来る前の、退屈で、平凡な会社になってしまった。自動車業界の中で自分の居場所を見つけられず、右往左往している」

Life in the FAST LANE.
スポンサーリンク
カルロス・ゴーン

| カルロス・ゴーンほど功罪がはっきり分かれる経営者も少ないかもしれない |

現在の日産の問題は、未だカルロス・ゴーン時代をひきずっていることにある

さて、カルロス・ゴーン氏が「日産は、私がCEOに就任する前の、 退屈で平凡な会社に戻ってしまった」とコメント。

これは自身の著書「Broken Alliances(壊れた同盟)」のプロモーションを兼ねてFox Businessのインタビューに対して語ったもので、自身の退任と逮捕以来、日産は下り坂になっている、とも。

加えて、(同氏が日産CEOを努めていた時代に)日産社内の多くの人が、ゴーン氏がルノー・日産・三菱アライアンス内での協力体制を強化することを好まず、代わりに自律性を高めることを望んでいたと語っており、この内容を見るに、著書の中でも徹底して日産の批判を行っているのかもしれません。

カルロス・ゴーンは著書の中で「何が起こったのか」を主張

なお、この著書におていは、自身の視点から「なぜこのような事態になってしまったのか」について触れているといい、自身が失脚したことについて「日本政府と一部の日本人経営者は、ルノーと日産とのアライアンス(同盟)関係において、フランスと日本との間に存在するバランスが尊重されないと考えていた」、「フランス政府は、この同盟において自分たちの発言のシェアをより大きくするように行動していた」ことに理由があると考えており、日本側が「フランスにコントロールされないよう」カルロス・ゴーン氏を追い出したと主張しています。

正直なところ事実については現時点で明らかになっておらず、この事件については多数の「登場人物」がおり、それぞれの視点からそれぞれの言い分があると思われるので「誰が正しい」のかは結局わからないのかもしれません。

そしてカルロス・ゴーン氏は「この事件に勝者はいない」と述べており、「日産は評判を失い、それはフランスも、日産も、ルノーも、三菱も同様で、株主すらも失った」と語っていますが、これについては「まさにそのとおり」だと思います。

日産(NISSAN)

結局、カルロス・ゴーンは何をしたのか

今回の事件に関係なく、あくまでも「日産のCEOとして見た」認識ではあるものの、ぼくのカルロス・ゴーンに対してはとくにポジティブでもネガティブでもなく、ただ「誰もできないようなことをやったのは間違いない」と考えています。

評価できる点といえば、やはりGT-RやフェアレディZを復活させたこと。

これについては「マインド」面ではなく「ビジネス」面から評価しており、というのも当時の日産は(今もですが)お金がなく、よって利益にならないスポーツカーを持たない状態。

よって日産のイメージは非常に希薄であり、カルロス・ゴーン氏の表現を借りれば「自動車業界で自分の居場所を見つけようと必死になっている」状況だったわけですね。

そして、その状況では誰ひとりとしてスポーツカーを作ろうと考える役員はおらず、しかしカルロス・ゴーン氏は就任以後、「ファンが作ってくれというクルマを持つメーカーは幸運であり、それを作らない手はない」と判断してGT-RやフェアレディZを復活させています。

カルロス・ゴーン

もちろんこれは「利益」ではなく「宣伝広告効果」を狙ったものではありますが(”あざとい”ということになる)、これによって日産は「ファンの気持ちに応えてくれる熱い会社」「車好きのCEOがいる会社」という認識を世に与えることに成功したわけですね。

同時に、カルロス・ゴーン氏はどんどん首切りを進め「死刑執行人」「首切りゴーン」と呼ばれるまでになりますが、そのコストカッターぶりは社外にもおよび、徹底して下請けからの購買価格を叩いています(これを機に日産を離れたサプライヤーも多い)。

こうやって「イメージ」「利益」を急激に回復させたのがカルロス・ゴーンということになります。

ただしその「反動」も

ただ、カルロス・ゴーン氏は「GT-R」「フェアレディZ」復活によってファンの支持を得る反面、消費者からは見えにくいところでは「自動車メーカーとしてはどうか」と思われることも行っていて、ひとつは「品質の低下」。

コストを下げたために車両の耐久性が大幅に落ちていて、これは訴訟やリコールが多発したことでも「実際に起きていた」ことがわかります。

日産はなぜ「窮状」に陥ったのか!米メディアがその「7つの理由」と「3つの復活の方法」を述べる。なお意図的な「日産タイマー」が本当に仕込まれていた

| 一定の消耗品は6万キロを境に交換が必要になり、日産に利益を落とす仕組みだった | ドーナツメディアにて、「なぜ日産はしくじったのか」という動画が公開。かつて日産は「90年代に世界一に」という高い目 …

続きを見る

そしてもう一つは、法人のまとめ買い、つまり「フリート販売」に依存したこと。

企業に対して「値引きしますので大量に買ってください」と持ちかけ、まとめて納入するわけですが、企業はリース契約にてクルマを導入するので、一定期間後にはこれがドバっと中古市場に出てきます(米国におけるフリート販売比率だと、トヨタが10%であるのに対し、日産では最大30%にものぼったという)。

スポンサーリンク

そうなると中古相場が大幅に下がるので「日産=安い」というイメージができてしまい、新車販売も思うように進まなくなってしまうわけですが、それを回避するために個人に対する値引きも大きくなってしまい、ここで「販売台数が増えているのに利益が増えない」という現象が発生します。

つまりは「目先の売上を稼ぐために、問題を先送りし、そのツケが回ってきた」ということですね。

日産が不健全な販売方法の挙句「利益9割減」「人員1万人削減」。自動車メーカーなのに新型車開発をサボったツケが回ってくる

| 日産の不健全さは以前から指摘されていた | 時事通信によると、日産の2019年4〜6月期における営業利益が前年同期比90%減(つまり1/10)になる、とのこと。この理由としては、主力の北米市場にて …

続きを見る

さらに言うならば、日産は稼いだお金で新車開発を行わず、ずっと同じクルマを作り続け、ちょっとだけ見せかけを変えたり、なんとなく新しく見える技術を搭載することでその場をしのいでいます。※ただしリーフのような電気自動車にも投資しており、未来を見ていなかったわけではない

そして各セグメントにて「注力する車種」を決め、その販売価格を割安に設定することで競争力を高めるという手法を採用しており、たとえばミニバンであればセレナ、コンパクトカーであればノート、SUVだとエクストレイルといったところ。

一方のトヨタはミニバンであればアルファードもあればヴェルファイアもあり、エスクァイアやノア、ヴォクシーなど多数を揃えて消費者の嗜好の多様化に対応しつつも「新しいプラットフォームや技術」を開発しており、消費者の利益にかなう会社運営を行っています。

ただし日産の場合は「車種を絞り、新しい技術やニューモデルを出さず、値引きに頼って販売する」という不健全極まりない、未来につながらない会社運営をしていたと認識していて、それが現在においても新型フェアレディZが「フルモデルチェンジではない」というところにつながっているのかも。

そう考えると、日産の体質は最近になっても変わっておらず、むしろカルロス・ゴーンのように「思い切ってコストをカットする」「ちゃんと取捨選択ができる」経営者がいなくなったぶん、状況が悪化してゆくだけなのかもしれませんね。

新型日産フェアレディZの北米価格はスープラが霞む3万9995ドル(440万円)?形式はZ34のまま、実質的にはフルモデルチェンジではなく「数字と見た目を変えただけのマイチェン」で低価格を実現か
新型日産フェアレディZの北米価格はスープラが霞む3万9995ドル(440万円)?形式はZ34のまま、実質的にはフルモデルチェンジではなく「数字と見た目を変えただけのマイチェン」で低価格を実現か

| だとしても、この価格とこのスペックを実現した日産には拍手を送りたい | おそらくGRスープラは販売をさらに落とし、値下げを迫られることになりそうだ さて、日産は新型フェアレディZ(正確に言うと北米 …

続きを見る

よってぼくは、日産の今後について、「未来につながる投資をしておらず、その場しのぎで見せかけだけ」だと捉えており、グローバル市場では今後韓国勢や中国勢に「価格で」押されることになり、”いいところなし”になるんじゃないかとも考えていますが、このあたり、同じように苦しい状況にあっても、「コツコツと、未来につながる、そして自動車メーカーとしてあるべき努力をしてきた」スバルとは異なる部分なのかもしれません。

スバルはかつて「新エンジンすら開発できない会社」だった!そんな中、名機EJ20を開発し、名車レガシィを世に送り出したのは一人の”熱血社長”

| 当時、スバルは興銀の支配下にあり、同じく興銀が融資していた日産への配慮から「なにもさせてもらえなかった」 | プレジデント・オンラインにて、「名車レガシィを生んだ銀行マン社長の大胆経営」という記事 …

続きを見る

かつて、スティーブ・ジョブズは「何を捨てるかで信念が問われ、何を残すかで愛情が問われる」と語っていますが、少なくともカルロス・ゴーン氏はそれが明確であり(しかしけして支持しているわけではない)、今の日産はそうでなはない、という印象を持っています。

しかしながらカルロス・ゴーン氏の場合は、稼いだお金で未来につながる投資を行わず、私腹を肥やして会社を食いつぶしているだけのように見えたのもまた事実で、ここは今後の裁判で明らかになってゆくのだと思います。

参照:FOX Business

Copyright © 2021 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました