日産が「GT-R」の2022年モデルを発表 特別仕様車「T-spec」を合計100台限定で発売

車速報
スポンサーリンク
1: 2021/09/14(火) 21:59:54.44 ID:jjX7iF7C9

日産自動車は2021年9月14日、ハイパフォーマンスモデル「日産GT-R」の2022年モデルと、同車をベースとする特別仕様車「T-spec」を2モデル発表した。

今回発表の特別仕様車に用いられたT-specという名称は、“時代を導くという哲学”であり、GT-Rの在り方やその時代をけん引するクルマであり続けるという願いを表現した「Trend Maker(トレンドメーカー)」と、“しっかりと地面を捉え駆動する車両”という開発におけるハードウエアへの考えを表した「Traction Master(トラクションマスター)」の頭文字から名づけられたという。

特別仕様車は「日産GT-RプレミアムエディションT-spec」と「日産GT-Rトラックエディションengineered by NISMO T-spec」の2モデルで、いずれも専用カーボンセラミックブレーキやカーボン製リアスポイラー、専用エンジンカバー、専用バッジ(フロント、リア)を特別装備。日産GT-RプレミアムエディションT-specではこれらに加え、専用の内装やレイズ製アルミ鍛造ホイール(ブロンズ)、専用チューンのサスペンションが採用されている。

いっぽうの日産GT-Rトラックエディションengineered by NISMO T-specには、専用のカーボン製ルーフやカーボン製トランクリッド(トリムレス、本革プルストラップレス仕様)が採用されている。

両モデルのボディーカラーには、新色の「ミッドナイトパープル」と「ミレニアムジェイド」を設定。ミッドナイトパープルは、R33型「スカイラインGT-R」以降の歴代GT-Rに採用されてきた色の進化版で、ミレニアムジェイドは、グリーンの色調で静かななかにも存在感のある「洗練された佇(たたず)まい」を表現。金属的なグレイッシュメタリックに仕上げることで、GT-Rの存在感を引き出したと紹介されている。

T-specは、両モデル合わせて100台限定(予定)の抽選販売で、申し込み期間は2021年9月15日から同年9月29日までとなっている。2022年モデルについては従来型からの変更点のアナウンスなどはなく、同年10月下旬に販売が開始される。

スポンサーリンク

ラインナップと価格は以下の通り。

【日産GT-R 2022年モデル】
・GT-Rピュアエディション:1082万8400円
・GT-Rブラックエディション:1277万2100円
・GT-Rプレミアムエディション:1232万9900円
・GT-Rトラックエディションengineered by NISMO:1463万6600円

【日産GT-R 2022年モデル特別仕様車】(合計100台限定の抽選販売)
・GT-RプレミアムエディションT-spec:1590万4900円
・GT-Rトラックエディションengineered by NISMO T-spec:1788万1600円

(webCG)

2021.09.14
https://www.webcg.net/articles/-/45135

GT-R プレミアムエディション T-spec
no title

no title

no title

no title

no title

GT-R トラックエディション engineered by NISMO T-spec
no title


続きを読む

Source: 車速報

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました