専用意匠で登場!? 国内向け「カローラ クロス」ティザー画像公開

clicccar.com
スポンサーリンク

■9月14日発売、 8月21日先行受注開始!

“COROLLA MEETS SUV”をキーワードに、ユーザーの期待を超える車格感とユーティリティの両立を目指して開発された新型SUV「カローラ クロス」。

カローラ クロスの北米仕様(上)と国内仕様(ティザー)比較

トヨタ自動車はRAV4とC-HRの間に位置付けられる同車をタイに先行投入した時点で、順次導入国を拡大することを公表しており、日本への導入時期に注目が集まっています。

そうしたなか、情報によると9月14日(火)に発売を予定している模様で、8月21日(土)から先行受注を開始すると共に、8月末から順次生産を開始するようです。

同社はそれを裏付けるかのように、8月13日付けで配信を開始した「カローラの進化の歴史」を紹介するCMで、国内向け「カローラ クロス」のサイドビューとみられるティザー画像を公開しました。

●公開動画で判明! 「カローラ クロス」国内仕様は専用意匠か?

ほんの一瞬なので見逃しがちですが「カローラ クロス」の特徴的な前後フェンダーに設けたレリーフがしっかり映し出されており、加えて意外な事実が隠されていることが判明。

カローラ クロス(海外仕様)とカローラ ツーリングの比較

海外向けモデルではフロントエンドがほぼ垂直に切り立った意匠となっていますが、ティザーではやや前傾しており、フード前端も前下がりで、ヘッドランプ側面の輪郭についても異なっています。

これらのことから、国内展開にあたりラジエターグリルの上下幅縮小など、フロント廻りの意匠が国内専用化されている可能性があり、リヤについても現行カローラとの関連性を持たせるべく改められている可能性がありそうです。

カローラ クロス(海外仕様)とカローラ ツーリングの比較

ちなみに車両サイズは全長4,490mm×全幅1,825mm×全高1,620mmで、ホイールベースが2,640mm。最低地上高は155mmで、全グレードに電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールドを標準装備。

スポンサーリンク

WLTCモード燃費は、HV(FF)が26.2km/L、同e-fourが24.2km/L、1.8Lガソリン仕様(FFのみ)が14.6km/L。

気になる車両価格はガソリン仕様が全4グレードで230~275万円、HV仕様が全3グレードで270~300万円(FF)、同e-fourが25万円高の予想。

8月21日からの先行予約開始と同時に発注した場合、納車は最短で9月末になる模様で、まもなく明らかにされる詳細情報が待たれます。

Avanti Yasunori

【関連記事】

海外専用じゃもったいない!? スタイリッシュSUV・トヨタ「ラッシュ」にGRスポーツが登場
https://clicccar.com/2021/08/16/1108575/

新型「NX」の先行受注が8月19日にスタート!レクサス初のPHEVをラインナップ
https://clicccar.com/2021/08/09/1107163/

“クロス”シリーズ第2弾!「カローラ クロス」がついに国内デビュー!?
https://clicccar.com/2021/07/21/1102142/

新型ランクルに初の「GR」バージョンが設定! 415psエンジン搭載で年内に正式発表か?
https://clicccar.com/2021/06/14/1091346/

ベルランゴにそっくり!? 日本でも手に入るトヨタのMPV「プロエース・シティ・ヴァーソ」とは?
https://clicccar.com/2021/05/24/1085110/

【関連リンク】

カローラ クロス(北米仕様)
https://www.toyota.com/upcoming-vehicles/corolla-cross

Source: clicccar.com

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました