【動画】謎のラ・フェラーリが本社付近で目撃!新型車開発ではなく、発売済みのラ・フェラーリのバッテリーが「どれくらい劣化しているか」をテストしている可能性も

Life in the FAST LANE.
スポンサーリンク
謎のラ・フェラーリが本社付近で目撃!新型車開発ではなく、発売済みのラ・フェラーリのバッテリーが「どれくらい劣化しているか」をテストしている可能性も

| 一般に、リチウムイオンバッテリーは年間で3%くらい性能が劣化するといわれるが |

一方、フェラーリは次期ハイパーカーを開発中ともいわれるが

さて、おなじみのスパイビデオ系ユーチューバー、Varryx氏。

マラネロを中心に数々のスパイ動画を公開していますが、今回はフェラーリ本社から出てくる謎のラ・フェラーリを捉えています。

なお、撮影者によれば、このラ・フェラーリは何年か前によくフェラーリ本社付近で目撃されていたそうですが、その後パッタリ見られなくなり、しかし数年ぶりにまたその姿を現した、とのこと。

通常のラ・フェラーリと何が違うのか?

そこでこの「謎」ラ・フェラーリについて、まずは今回目撃されたプロトタイプ。

-06-10 16.10.03

そしてこちらは市販モデルのラ・フェラーリ。

両車を比較すると、プロトタイプのフロントバンパーにあるスプリッターが「ボディカラー同色」。

一方で市販モデルであればこのスプリッターはクリア仕上げの「カーボンファイバー」ですね。

さらに、プロトタイプのドアミラーは「ブラック」。

そのほか、構造的な差異はないように思われます。

-06-10 16.09.24

フェラーリは次期ハイパーカーを開発中だといわれるが

なお、フェラーリは現在、ラ・フェラーリの後継とされる次世代ハイパーカーを開発中とされますが、この謎のラ・フェラーリはそのプロトタイプである可能性も。

ただし画像を見る限りでは各パネルにギャップはなく、「新開発プラットフォームに、現行モデルのガワを被せた」クルマのように見えず、どう見てもラ・フェラーリ。

つまりはそのルックスだけではなく、その存在自体が「謎」なプロトタイプということになりそうです。

2021-06-10 16.10.20

エレクトリックシステムの劣化を調査中?

なお、ラ・フェラーリは6.3リッターV12エンジンに2つのエレクトリックモーターを組み合わせるプラグインハイブリッド。

スポンサーリンク

ひとつはトランスミッションに、もうひとつはエンジンに直結されており、これを駆動するのはサムスンとの共同開発によるバッテリー。

そして今回のプロトタイプについては、搭載されるバッテリーの劣化を探るためのテストではないかとも見られています。

一般にリチウムイオンバッテリーは年あたり3%ほど劣化すると言われ、2013年に発売されたラ・フェラーリは、納車が早ければ8年を経過するということになり(もうそんなに時が経つのか・・・)、フェラーリがそのバッテリーの劣化を調査し、本来の性能を発揮できるかどうかを調べているのでは、という推測もあるようです。

謎のラ・フェラーリが走行する動画はこちら

合わせて読みたい、ラ・フェラーリ関連投稿

セバスチャン・ベッテルが自身のコレクションから貴重な8台を売却
セバスチャン・ベッテルが自身のコレクションから貴重な8台を売却!フェラーリF50、エンツォフェラーリ、ラ・フェラーリ等垂涎のレアカーも

| 少し前はジャン・アレジが自身のフェラーリを売却したことが話題となったが | 4度のF1ワールドチャンピオンを獲得したセバスチャン・ベッテル。今回、英国のエキゾチックカーディーラー、トム・ハートレー …

続きを見る

フェラーリの新型ハイブリッドモデル
【動画】ラ・フェラーリ後継モデル?次期スペチアーレと思われるプロトタイプが走行中。やはりエンジンはV12、F1を連想させるハイブリッドシステム搭載か

| 見た目はラ・フェラーリだが、その奥には新世代のフェラーリが隠されている | さて、ラ・フェラーリのボディを装着した謎のフェラーリが目撃に。フロントフード上にハイブリッドカーであることを示すマークが …

続きを見る

参照:Varryx

Copyright © 2021 Life in the FAST LANE. All Rights Reserved.

Source: Life in the FAST LANE.

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました